周杰倫(JayChou)の歌詞の日本語訳・日記・中国語学習などなど


by yocco_chanco
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリ:★ 周荘旅行( 1 )

e0142311_16105371.jpg
旦那の上海出張が決まり、
チャンス!と、こじつけてついて行く。
上海を拠点に中国の列車に乗ってみようかと企てる。
一人旅は初めてなので、又害怕又激动!
列車にも一人で乗ったことがない。
5年くらい前に上海火车站の前まで行ったことはあるけれど、
おそろしい数の人々が大きな頭陀袋をもって座り込んでいたり、
切符売り場に人だかりになっているのを見て
早く立ち去らねば・・・!
と訳もなくビビッたものだ。
実際
「切符を買って電車に乗るだけ」
なんだが。
应该没问题吧!

今回のミッションは
上海から昆山経由で周荘へ、列車とバスを乗り継ぎ周荘で一泊。
周荘の夜の顔と朝の顔を、自分の眼で見て心に焼き付けて帰ってくること!

上海火车站。
e0142311_22435677.jpg

向かって右のほうに新しく售票处ができたようで、
押し合いへし合いもなく、ビビった割には
拍子抜けするほどあっけなく手に入った。
e0142311_22445773.jpg

「到昆山,十点左右的」「15块」
「我要软座的」「18块」

说这些就够了。没那么难!
e0142311_22452698.jpg

しかし正面の自販機のほうは人が多くて、こちらはやはり聞いた通りなのかもしれない。
e0142311_2246272.jpg

さあ次は改札だ!
まず最初の検問。次は等候室前で検問。
e0142311_22553858.jpg

私の切符は软座のなのですが(←软座の豪華な待合室に入りたかったのだ
間違って、というか一人焦って硬座の待合室に入っちゃった;;
ギッシリの人。まさに人山人海!
出発時間10分前やっとホームに入れる。ここでまた検問!
(※検問=検票)
e0142311_22483837.jpg

ホーム
線路の数がまさに外国だ。
しかも列車の長さがハンパない!!
果てが見えない!看不到尽头!
e0142311_22465974.jpg

列車はいわゆる新幹線で、シートも広いし快適!
昆山駅は20分足らずで到着。降りるのが惜しい・・・
e0142311_22563274.jpg

昆山駅から新客站まで88番のバス(1元)に乗る。
e0142311_22571751.jpg

着いたのは大きすぎるターミナルビル。おおげさやな~~ここ!
そこでまた大げさにも、列車の駅のように切符を買い等候处で待つ。

e0142311_22574347.jpg

しかし周荘行きのバスぼろ過ぎ~~(7元
e0142311_2258154.jpg

眺めはだんだん変わってくる。
心の中で呟く「よっしゃ~~ええ感じや~~!!!」
e0142311_22582682.jpg

周荘には菜の花がよく似合う
e0142311_22584854.jpg

このバスお客の降りたいところを言っとけば降りるべき所で教えてくれる。
「到这提醒我啊!」
私は終点までいくので関係ないけれど、
ある若い女の乗客が、
「降りる駅を言っといたのに、過ぎてしまったやないかっ~~*>+&!!!」
ってバスの乗務員に騒ぎ立て、その乗務員も
「あんたそんとき携帯ででんわしてたやないか~~!!!」
「そんなん関係ないやろ~そこまで戻ってよ!!%#$’*+!!!」
「んなことできるわけないやろ!時間の無駄なんじゃ~~早くここで降りんかい!!」
「*+%$&’@#P`~~!!!」

全く聞き取れなかったがこういう会話だと察した。
しばらくバスを停めて押し問答。
その人ここでしぶしぶ泣き泣き降り、私は開いた口が塞がらないまま、はげしい揺れに
腰骨疲労骨折を心配しながら、バスに身をまかせ周荘バスターミナルにたどり着く。
かれこれ1時間半くらい乗ったかな。
周荘バスターミナルには予想に違わずバイクタクシーの兄ちゃんが出迎えてくれる。
相場は3元と伺ってたが、「5元」で私の負け。

就这样一路平安地到了周庄。

e0142311_16114126.jpg

e0142311_16122495.jpg

e0142311_16125128.jpg

e0142311_16142759.jpg
e0142311_1613525.jpg
e0142311_1614583.jpg

e0142311_16132283.jpg

e0142311_16134092.jpg
e0142311_230510.jpg

だんだん夜が近づく・・・
e0142311_2303436.jpg

今日は平日、しかも時雨れている。人は少ないほうがいい。
e0142311_2305394.jpg

e0142311_231101.jpg

昼に食べた周荘の特色采。老板推荐给我了
e0142311_23514031.jpg

ここの特産は猪脚でその煮汁味の麺、これは美味しかった^^
豆腐と○○魚?のは味はまあまあなんですが・・・魚が・・・
いや、魚ではないかも!?
実物がわからないだけに(たぶん内臓系など混ざってた)ちょっと無理でした。
この後実はお腹を下しました;;
ここの水郷、皆さんの生活用水ということで、
野菜を洗ってるおばちゃんがいるとおもえば、
モップをゴシゴシしてるおっちゃんもいるのだ!!
e0142311_1538309.jpg
夜は癒しの八宝粥
我就喜欢这种!
あつあつをいただこう!!
・・・とホテルのポットで湯せん。
するとポットのお湯が噴火に近い形で噴出した
(笑い)・・・マネしないでくださいね^^

とまったホテルの朝ごはんは、取り立てるまでもなくまずかった**
あまりのまずさに写真を撮ることすら忘れてしまった。
粉ミルクをお湯で薄めたのが牛乳、
果汁0%のジュースをさらに水で薄めたオレンジジュース。
油の味しかしない焼きそば。ああ!挙げればキリがない。

書きながらも憂鬱になってくる。
しかし、私の朝はお粥だけで充分なのだ。
だから文句も言わずお粥ばかり5,6杯は食べた。

はぁ~~あさの周荘は清清しい!濁った水までキレイに見える
e0142311_1671548.jpg

ツアー客もいないし
e0142311_16871.jpg

e0142311_1673487.jpg

歴史を想いながら歩く。
e0142311_1675399.jpg

水の中が全く見えないけれど、映る景色ははっきり見える。
e0142311_1682396.jpg

水の中から生えて突き出しているこの石垣は500年も前から水の中かぁ。
e0142311_16251732.jpg

家の塀や壁も味がある
e0142311_16253849.jpg

古くなった瓦やレンガはあちこちの道に敷かれている。
e0142311_16255170.jpg

中国育ちの犬
e0142311_16141823.jpg

コケコッコ中国のトリはなんて鳴く??
e0142311_16384498.jpg

喵喵みゃおみゃお~~

帰りは上海火车站直通のバスで帰る。
「直通」というのは「どこにも停まらない」のではない。
道端で乗ってきたりってのもあるし、
自分の降りたいところを先に紙に書くと、その近くで降ろしてくれる。
という、中国では常識かもしれないが、私は日本人であり、
バス停以外でバスが停まるなんて@@!
自分の常識の狭さに眼からうろこ★★

やっぱりなんでも写真より自分の眼で見るのがいい。
写真は切り取った思い出。
実際見たものは身体に染み込む。

考えるよりも動くが易しだ!
体力つけていつかの準備をしよう!

★おまけ★
①コンビニでJAY発見^^マミーのような。
e0142311_16262320.jpg

②変な看板
e0142311_19195641.jpg

[PR]
by yocco_chanco | 2010-04-27 19:32 | ★ 周荘旅行